帆布バッグについて|普段使いからお仕事用まで丈夫で使いやすいオイルレザーバッグを通販でお届けします

cavan oil leather & canvas bag
cavan oil leather & canvas bag

帆布バッグについて

天然素材の素朴な風合いと、ほど良い固さにこだわった生地

メイン素材は、日本の老舗帆布ブランド「富士金梅®」の、綿100%の生地をパラフィン(石蝋)に浸して防水加工した10号帆布を使用しています。

本格的な帆布バッグにしては少々薄めに感じられるかもしれませんが、パラフィンが生地にほど良いハリを与えて適度に固く、軽いのに数段厚めの生地に匹敵するしっかりさがあるお気に入りの素材です。
ゴワっとした素朴な風合いは、シンプルでナチュラルなバッグによく合い、使い込んでいくと少しづつ柔らかくなったり、自然な退色が見られるなど、味わい深くエージングしていくのも魅力です。

右の写真は川島商事様から提供頂いた、該当帆布の制作に使用されるレピア織機です。

帆布とは

複数の糸を撚り合わせた撚糸(ねんし)を使って、経(タテ)糸と緯(ヨコ)糸を規則正しく交互に織った平織(ひらおり)の厚手生地を帆布と呼んでいます。
織物の三原組織と言われる平織(帆布)、綾織(デニムなど)、朱子織(サテンなど)の中で最も丈夫な織り方で、しっかり糸が絡んでいるので水を通し難く、通気性が良いのも特徴です。
糸の素材は、古代エジプトで最初に作られたとされるものは亜麻(アマ=リネン)が使われており、日本では麻もしくは綿が主に使われ、今日では化学繊維が主流となっています。
日本ではかつて、帆船の帆に用いられてきた歴史があることから帆布(はんぷ)と呼ばれ、その高い耐久性から、テントなどの建築資材や、トラックなどの幌にも使われています。身近なところでは体育の授業で使う体操用マットやスニーカー、柔道着、相撲のまわしなど。また、油絵用のキャンバスに使われる事から、海外ではcavan(キャンバス)と呼ばれています。

cavanのバッグで使用している綿帆布は、1954年にJISで規格化され(左の表)、1997年に廃止となったものの、日本の多くの帆布メーカーでは今でもこの基準が使われています(号数が小さいほど厚く重い素材である事が判ります)。

cavanの帆布バッグ

拘りの綿帆布を日本の鞄職人が仕立てた、クラフトマンシップ漂うJAPAN MADEバッグです。
ブリーフケース以外のトート系バッグでは、裏地にもメイン素材と同じ10号帆布を使用しており、3~4号に匹敵する生地の存在感。余裕で自立できます。

色は、生成に近いナチュラルなライトベージュに定番のブラック、渋めで人気のブラックカーキ、アースカラーのダークベージュ、差し色に使えるダイダイ、天然由来のインディゴブルーと現時点で計6色。

シンプルなデザインでありながら、見た目以上に軽くてしっかりした造りと収納力があり、お買い物用のマイバッグや、沢山の荷物を収納するマザーズバッグにもおすすめです。



防水性能について

試作品を使った簡易的な実験結果です。

生地を霧吹きで濡らして30分間放置しても、水が生地に浸み込むことは無く、防水効果がある事を確認しました。