cavanについて|普段使いからお仕事用まで丈夫で使いやすいオイルレザーバッグを通販でお届けします

cavan oil leather & canvas bag
cavan oil leather & canvas bag

cavanについて

良いものをリーズナブルな価格で多くの人に届けたい

上質な本革を使ったバッグを手に入れたくても、高価で手が出にくいと感じている方は少なく無いと思います。
そこで、ほど良い物(ちょうど良い感じの物)をお求めやすい価格で提供したいと考え、2020年の秋より、デザインと品質、コストのバランスを考慮したオリジナルバッグの制作・販売を始めました。
質感の良い天然素材に拘り、革は手間暇掛けたヌメ革ベースのオイルレザーを使用しています。決して安い素材ではないですが、もともとあるシワやキズなどの動物達が生きていた証は、天然皮革の魅力として品質に支障ない範囲で使用し、余った端革は小物に転用する事で、革の歩留まりを改善。また、材料や部品、仕様の共通化などにより、デザインや品質を損なわずに、コストを抑える事を意識して商品開発を行っています。

ブランド名の由来

cavan(キャバン)

鞄は元来モノを運ぶ道具であるという基本を大切にしたいという想いで、「鞄」の語源の一説から引用しました。
鞄は、中国語で文挟み(ふみばさみ)の意の夾板(キャバン)、お櫃(おひつ)・箱の意の夾(キャマン)の転訛語で「鞄」の造字をあてたのが由来と言う説より。
ロゴマークは、cavanのアルファベットを糸で縫い付けた感じをイメージして制作しました。

デザイナーの想い

道具らしい丈夫さと、天然素材の魅力を最大限に引き立てる為に、部品の数と加工ポイントを極力減らしたシンプルなデザインを心掛けています。
勿論レザーバッグの胴体は、つなぎ目の無い一枚革。
質感の良いオイルレザーと綿帆布を日本の鞄職人が手仕事で仕立てた、少し武骨だけど野暮ったくない、丈夫で飽きの来ないオリジナルバッグを目指しています。